本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

和解を求めて
2016-01-01

和解を求めて(原爆第二修道院) 

ミサ後の出来事 

A 「シスター、告解ばしたかとですけど」
シスター 「神父様にお願いしましょうね」
ミサ中、隣に座っていた利用者B氏にむけて
A 「この方にも告解ばするごと言うてください。私たちは喧嘩しとっとですよ」
ミサが終わり、帰ろうとしているB氏に向かって
A 「ねえ、一緒に告解ばしましょうや。仲ようしていきましょうで」
B 頷いて車椅子で立ち去る。 
 
A氏はゆるしの秘蹟を終えた後、B氏が告解をしているものと思い、告解部屋から出てくるのを待っていた。出てきたのは神父様だった。

A 「あら!あの方は?」
シスター 「この次にするそうですよ」 
A 「そうですか…… 」(納得いかない様子)
 仲直りしたかったようだ。
 (二人の喧嘩が事実かどうかは不明)

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
6
6
3
5
TOPへ戻る