純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。

qrcode.png
http://n-junshinseibokai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

────────────── 

031018
 
   
 純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く、聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。
 1934年6月9日、長崎教区長ヤヌワリオ早坂久之助司教によって創立され、初代会長シスターマリア・マダレナ江角ヤスは、共同創立者として修道会の基礎を築きました。創立者は、「与え尽くす十字架上のキリスト」をカリスマ(霊的賜物)として受けました。私たちは、この霊的賜物を本会の礎としています。
 日本人の救いを使命として託された創立者の心を心とし、十字架上のキリストの愛を生きて、人々に福音を宣べ伝え、救いへの導くことを目指します。2019年6月9日 創立85年を迎えました。神様の計り知れないいつくしみと恵みに感謝。 
 
「純心聖母会」は、早坂司教の「命名」で創立された。その目的は、十字架(苦しみの秘義)のもとに佇む聖母のみ心に倣って、人類の救い、特に日本人の救いにあることを宣言した。
ー 私は、神のより偉大な栄光と、日本国民の救い以外に何も求めるものはありません。 -
創立者早坂司教のことば
 

2019年 純心聖母会「ともに福音宣教の使命を生きる」

2019年 純心聖母会「ともに福音宣教の使命を生きる」
 
 神を愛する 愛の熱
 さみしい人の胸のおくに
 瞳合わせる喜びが 清い光となるように
 
 証しの光たずさえて
 岸を離れる一人旅
 心に深く聖体の主がおられると喜んで
 
 十字架に添う 母マリア
 みおやのふたり 御名を呼び
 純心聖母の真髄を 流れの内にそっと置く
 

聖母の被昇天 祭日 2019.8.15

聖母の被昇天 祭日 2019.8.15
 
聖母の被昇天
[聖母の被昇天の祭日]
8月15日は、「聖母の被昇天」の祭日です。
1950年にピオ12世教皇は、マリアが霊肉ともに天に上げられたことを教義
として宣言しました。教会は、キリストと最も深く結ばれていたマリアが、
真っ先にキリストの復活と栄光にあずかっていることを祝います。
 
 聖母マリアの祝日に主キリストによってあなたをたたえ、感謝をささげます。
あなたは、いのちの主キリストの母マリアを、死後の滅びにゆだねることなく、
きょう天の栄光に上げられました。こうして聖母マリアは、教会の初穂として
神の国の完成にあずかり、旅する民の希望、信じる者の慰めとなりました。
 

宣教に羽ばたく 主に従う喜びを 2019.7

宣教に羽ばたく 主に従う喜びを 2019.7
 
召命祈願ミサ
カトリック三ツ山教会
 
宮原司祭 初ミサ
純心大学聖堂にて
 
シスター手作りの軽食で
ミサ後にお祝い会
 
             
   
       
   
 

祈りは力

祈りは力
 
一致を願う夕べの祈り
シスターたちと共に、違いを超えて、
長崎から吹く祈りの風
「皆で共に歩む、それがすでに一致の一歩です」

 長崎で生まれ育った3つの女子修道会が、一緒に祈っています。受け継いだ信仰の恵みを感謝し、深め、すべての人と分かち合うためです。

場所:カトリック中町教会
日時:毎月第1土曜日 17時45分
内容:「ロザリオの祈り」と「教会の祈り」
目的:教区シノドスのため、全教会のため、すべての人のため
主催:みつあみの会
問い合わせ先:シスター村川
   
お告げのマリア修道会、聖母の騎士修道女会、純心聖母会のシスターたちと一緒に祈りませんか
   
<<宗教法人純心聖母会>> 〒852-8142 長崎県長崎市三ツ山町415 TEL:095-848-2241 FAX:095-843-7570