純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。

qrcode.png
http://n-junshinseibokai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

────────────── 

048297
 
 

宗教法人純心聖母会

宗教法人純心聖母会
 
 純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く、聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。
 1934年6月9日、長崎教区長ヤヌワリオ早坂久之助司教によって創立され、初代会長シスターマリア・マダレナ江角ヤスは、共同創立者として修道会の基礎を築きました。創立者は、「与え尽くす十字架上のキリスト」をカリスマ(霊的賜物)として受けました。私たちは、この霊的賜物を本会の礎としています。日本人の救いを使命として託された創立者の心を心とし、十字架上のキリストの愛を生きて、人々に福音を宣べ伝え、救いへの導くことを目指します。神様の計り知れないいつくしみと恵みに感謝。 
 
ー マリア様 いやなことは 私が よろこんで -
共同創立者シスター江角ヤスのことば
 

2020年 純心聖母会「預言的希望の種まく人」

2020年 純心聖母会「預言的希望の種まく人」
 
預言的希望の種まく人
 
神様に深く触れる 神秘の時が訪れれば 
目を開き わが神のみ香りを受けましょう
聖三木パウロ 聖ルドビコ 模範はこの地に満ちている
 
いつくしみに深く触れるなら 私たちの心は燃える
エマオの夕べ裂かれたパン 失意の二人熱意に燃えて 時を移さず都へと
 
主との絆はいと強く 香りのように広がって 閉じた扉を開きゆく
祈りたまえよ みくにの子らよ 教会が善の輝き放つまで アーメン。
 

成人黙想会 長崎 2020.10.17

成人黙想会 長崎 2020.10.17
 
2020年度 成人黙想会 <長崎>
 
テーマ:「若者よ、あなたに言う。起きなさい」(ルカ7・14)
 
 去る10月17日(土)、松尾太神父様(アウグスチノ会・城山教会)ご指導のもと、宣教センターにて成人黙想会《長崎》が行われた。テーマは、2023年にリスボンで行われるワールドユースデー(W.Y.D.)に向けて教皇フランシスコが示した今年の聖書箇所「若者よ、あなたに言う。起きなさい」(ルカ7・14)。
 当初予定していた2泊3日の黙想会が新型コロナ感染症予防のために日帰りとなったが12名が参加した。みことばに触れ、共に祈り、分かち合い、神さまの恵みに感謝する幸せなひと時を過ごすことができた。松尾神父様の非常に美しい歌声が心に沁み、祈りの大きな助けをいただいた。
 
 
祈りのひととき
ことばの祭儀
最も弱く傷つきやすい人々との連帯
 
神父様の講話
「欠けているからこそ分かち合える」
神父様の講話より
 
静かに耳を傾けながら
「キリストは見捨てない」
 どのような状況でも神は見捨てない
 

成人黙想会 東京 2020.10.3-10.4

成人黙想会 東京 2020.10.3-10.4
 
2020年度 成人黙想会 <東京>
 
テーマ:「若者よ、あなたに言う。起きなさい」(ルカ7・14)
 
 去る103日(土)~4日(日)、萩原義幸師(レデンプトール会)ご指導のもと、イエズス会石神井黙想の家にて、純心聖母会主催の成人黙想会(東京)が行われた。テーマは、2023年にリスボンで行われるワールドユースデー(WYD)に向けて教皇フランシスコが示した今年の聖書箇所「若者よ、あなたに言う。起きなさい」(ルカ714)。コロナ禍にあって細心の注意を払いながら、6名が参加(内一人はZoomオンラインでの参加)。共に祈り、分かち合い、神の恵みに感謝するひと時を過ごした。
※集合写真撮影の瞬間のみマスクを外しました。
【光の祭儀】
 教皇フランシスコ『パンデミック後の選択』(中央協議会、2020年)を用いて、大切な家族の最期を看取る事の出来なかった人々、高い感染リスクにさらされながらも他者に献身する特に医療従事者、収入が絶たれ困窮する人々などに心を寄せつつ、今の試練を新しい選択への好機に変えるよう励ます教皇メッセージに耳を傾けた。参加者一人ひとりが最も弱く傷つきやすい人々との連帯を目指して、ろうそくとロザリオにそれぞれの祈りを託して奉献した。
 
 
神父様を囲んで
オンラインで参加した仲間と共に
 
中央ロウソクは「キリストの光」
純心で収穫した大きなひょうたん
 
分かち合いに熊本からZOOMで参加
 
2019年教皇来日テーマ
「すべてのいのちを守るため」
 
神様の恵みに満たされ喜びと感謝の笑顔
 
純心聖母会の祈りにある聖母の4つの徳
「へりくだりと清さ、素朴と優しさ」をつばき・ユリ・ひまわり・バラで表現
 
 
 
 
「レクチオ・ディヴィナ」
静かにみことばを味わいながら
 
放射線状に置かれた5大陸のロザリオ
中央に私たちの住む家である「地球」
 
新しい一歩を踏み出して
祈りでつながろう!
 
 

みことばの分かち合い

みことばの分かち合い
 
 毎年、長崎と東京を会場に、月に一度みことばの分かち合いを行っていますが、今年は新型コロナ感染症の感染拡大予防のために、オンラインで長崎と東京が合同で行っています。
 

愛の賛歌

愛の賛歌
 
『愛は慈悲にとむ』
 
 たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、
愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。
たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、
たとえ山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ無に等しい。
全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、
誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。
愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。
愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、
恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
すべてを忍び,すべてを信じ,すべてを望み,すべてに耐える。愛は決して滅びない。
預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう、わたしたちの知識は一部分、
預言も一部分だから。
完全なものが来たときには、部分的なものは廃れよう。
幼子だったとき,わたしは幼子のように話し,幼子のように思い,幼子のように考えていた。成人した今,幼子のことを棄てた。
わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。
わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。
                                                                                                                                  (Ⅰコリント13章)
   
   
純心協力者会
             
   
 

祈りは力 -長崎で生まれ育った三修道会-

祈りは力 -長崎で生まれ育った三修道会-
 
一致を願う夕べの祈り
シスターたちと共に、違いを超えて、
長崎から吹く祈りの風
長崎で生まれ育った3つの女子修道会、お告げのマリア修道会、聖母の騎士修道女会、
純心聖母会のシスターたちと一緒に祈りませんか。
受け継いだ信仰の恵みを感謝し深め、すべての人と分かち合うためです。
       「皆で共に歩む、それがすでに一致の一歩です」

場所:カトリック中町教会
日時:毎月第1金曜日 17時45分(2021年3月まで中止といたします)
内容:「ロザリオの祈り」と「教会の祈り」
目的:教区シノドスのため、全教会のため、すべての人のため
主催:みつあみの会
問い合わせ先:シスター村川
   
<<宗教法人純心聖母会>> 〒852-8142 長崎県長崎市三ツ山町415 TEL:095-848-2241 FAX:095-843-7570