本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

ミサにも休業要請
2020-05-01
ミサにも休業要請(名古屋修道院)

 聖週間と復活祭。私たちにとっては一番大切なこの季節。今年は新型コロナウイルスのせいで、ミサもままならない。
【その1】
「これからは、ミサはありません」と神父様の宣言。その後、そっと追加「僕は一人でします。」翌朝、小聖堂に行くと、すでに十数名のマスクの信徒とシスターたちが座っていました。

【その2】
聖なる3日間。司教様からの通達を受けてミサはない・・・のはずが、散らばって座っているちょっと多めの信徒の方々。「隣の人と間をあけて」「2階へ行って」と、入堂後に場内整理をする神父様の声。ミサ後の道行きが終わり、振り向くと、一番前の席には、サリーを着たシスターのすぐ隣にちょこんと座っているおばあちゃんの姿。サリーの魅力はコロナも場内整理もなんのその。

【その3】
愛知県独自の緊急事態宣言。まだミサをしていると聞きつけた姉妹が驚いて、「神父様、もうミサは本当にしないと言ってましたよね。」「シスター、僕が聖堂に行くと、もうみんな座っているんだよ!」厚い信仰も、どうか今は休業を!

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
4
8
5
7
TOPへ戻る