本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

気になる贈り物
2019-07-01
「気になる贈り物」(サン・ジェロニモ修道院)

 先日、シスターMがシスターTに、患者さんがシスターたちにプレゼントを持って診療所の受付に来ているので、取りに行ってくれないかと頼んだ。そこでシスターTは診療所の受付に行き、受付嬢にプレゼントを持ってきたのは誰か?と尋ねた。その人は、随分昔から診療所に来ていて、私たちが幾度となく治療をしていた患者さん。彼女は「シスターK(職員)にプレゼントを持って来た」と言った。シスターK(姉妹)?!彼女が「シスターK(職員)はどこか?」と尋ねるので、シスターTが、「今はここにいないので私がシスターK(職員)にそのプレゼントを渡すから私に預けたらいい!」と言うが、なかなかこちらに渡してくれない。やっとのことでそのプレゼントを受け取ることが出来た。どうしてこういうことが起こったかというと、彼女の娘が新興宗教で、その宗派の信者間では通常のこととして、また、すべての人に対しても名前の前に兄弟・姉妹と付けるので、受付嬢はてっきり私たち修道者と勘違いしたようである。ところで、気になる贈り物は?にわとり一羽。

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
6
6
2
9
TOPへ戻る