本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

分かち合い
2017-11-01
分かち合い(諫早修道院)

①病者訪問
 A氏 待っていましたよ。本当にありがたかったです。
 B氏 ご聖体のおいしかー
 あたり前のようにいただいている〝いのちの糧〟、毎日の聖体への姿勢を問われるでき事だった。
 
②聖書の会での分かち合いで
 ◆アレ・・・!肝心の聖書の箇所が出てこない。「はい、タイムオーバー。」
  そんな時、司会者の司祭は「時間を守りましょう」とやんわり促す。
 ◇発言が終わったかのように思いきや、一呼吸して話が続く。さらに質問も。
  人生豊かな方々の話は、少々では時間が足りない。ハプニングもいくつかあった。
  しかし、参加者の歴史がいっぱい詰まった豊かな分かち合いだった。
  様々な思いが響き合い、ともに恵みをいただいた。
 
③ある教会での信徒との会話より
 C氏 わたしゃー、孫の堅信の代父ばする、と神父さんに話したとさ。
   なごー教会に行ってませんがよかでしょうかと。神父さんはちょっと驚いたようで・・・。
   そいでわたしは言うたとです。「放蕩息子の話があるじゃなかですか」と。
 結果的には念願の代父になれたようだ。何よりもお孫さんの堅信の日を楽しみに待っておられたこの方に、
 聖母のメダイを渡してお別れした。

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
6
6
3
5
TOPへ戻る