本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

生きもの
2016-04-01

こぼれ話(三ツ山修道院)

① 送別会が終わり、みんなでエレベーターを待っています。
  エレベーターの扉が開き、数名のシスターと教職員が乗り込みました。(4階)
A 「みんな乗りましたか?」 
皆 「はーい」…しーんとしています。そろそろ1階に着くころと思っていると、
   突然『行先ボタンを押してください。』とのエレベーターのアナウンスに、
   みんな「あら~、うふふふ、」
 A 「あら、ボタン押すのを忘れてたわ」と、あわてて①のボタンを押す。
(エレベーターの中の会話)
 B 「ここだけのはなしにしとこーね。」
 皆 「そうね、そうしよう」   
 
しかし、すぐにSrCとDが顔を見合わせて「こぼれ話―」というわけで
ここだけの話にはなりませんでした。

② 食堂でのお話です。
 冷蔵庫の扉を開けて中に入っているモノを確認しようとしたSrE、
 「生きもの(生き物)」と書いているけど、何の生き物かしら」と素朴な質問をしました。
 それを聞いたSrF「えっ、いきもの???・・・」
 冷蔵庫を開けてみると、「生もの(なまもの)」と書いた紙が貼られていました。
SrF 「あー、生ものか」と確認してから
SrEに「生ものですよ」「生き物はいません」
笑いを必死にこらえて、年上のSrEに優しく答えていました。

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
6
6
3
8
TOPへ戻る