本文へ移動

修道院こぼれ話

修道院こぼれ話

コッコデショ
2018-12-01
「コッコデショ」(西町修道院)

 年中さんでおくんち遊びが盛り上がり、段ボールで神輿を作って威勢のいい掛け声とともにローカを練り歩いていた。
よーくかけ声を聞いてみると、「コッコデショ」
いや「どっこいしょ!」・・・
 
「案内板」
子ども園の受付の場所に迷う方が時々おられるので、案内表示を出した朝のこと。
子どもの目にとまり、「なんてかいてあるの?」と聞かれた先生。ちょっとイタズラ心が働き、
「う~んと、た・か・ら?」
と答えた途端、子どもたちは目を輝かせ、「宝だってよ!」と矢印をたどりだした。
行き着いた先は受付。それでも必死に「どこかな?どこかな?」
「マリア様の下?」
「あのーたからはどこですか?」
そこにいた先生は「ここにあるよ」と手に何か持っている様子。
そして園庭にいたH先生に「H先生、宝物なげるよ!受け取って」と投げると、
H先生キャッチするや一目散に走り出した。
それを「わ~」と子どもたちは追いかけていったのである。
ちなみにH先生は、わが園一番の俊足。必死に追いかける子どもたち、とても楽しそうだった。

純心聖母会
〒852-8142
長崎県長崎市三ツ山町415
TEL.095-848-2241
FAX.095-843-7570

0
6
6
6
3
8
TOPへ戻る