純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。

 

純心聖母会

 

法人の概要

法人の概要
 
会の名称     宗教法人純心聖母会
法人本部所在地  長崎県長崎市三ツ山町415番地
法人成立年月日  昭和44年4月8日

目的   この法人はキリストの啓示に基き、カトリックの教義をひろめ、儀式行事を行い、
     信者を教化育成するための業務および事業を行うことを目的とする。
 

純心聖母会

純心聖母会
 
純心聖母会は、長崎大司教区に本部を置く、聖母マリアの汚れなきみ心に捧げられた教育と社会福祉の使徒的活動を行う聖座法の女子修道会です。1934年6月9日、長崎教区長ヤヌワリオ早坂久之助司教によって創立され、初代会長シスターマリア・マダレナ江角ヤスは、共同創立者として修道会の基礎を築きました。

 創立者は、「与え尽くす十字架上のキリスト」(ヨハネ19・34参照)をカリスマ(霊的賜物)として受けました。私たちは、この霊的賜物を本会の礎としています。

 日本人の救いを使命として託された創立者の心を心とし、十字架上のキリストの愛を生きて、人々に福音を宣べ伝え、救いへの導くことを目指します。
                                
 

会の紋章の説明

会の紋章の説明
 
純心聖母会の紋章
    1984年作成
   創立50周年記念

十字架(外形) 
純心聖母会の創立者のカリスマ「与え尽くす十字架上の
キリスト」を表す

m・鳩(上部)
聖母マリアと聖霊の神殿であるマリアのみ心を表す

心・ICM・3線(下部)
三誓願に生きる術を「マリアの汚れなきみ心(ICM)に倣い、
「イエズス様から霊能が出るほどの(回章1950年)」
深い祈りで宣教へと向かう本会会員一人ひとりの心を表す
(心の漢字で表現)
 
 

会の霊性

会の霊性
 
サンタマリアのご像の前で
 サンタマリアのご像の前で
   本田利光 作
 
 私たちは、早坂司教とシスター江角の霊的遺産を受け継いで
 います。
(1)聖体への信仰
   私たちは、キリストの愛のしるしである聖体に深い信仰を
   表します。ミサで主の死と復活を記念し、命の泉である
   聖体に養われて、福音宣教に向かいます。
(2)聖母マリアの汚れなきみ心の霊性
   私たちは、汚れなきみ心の聖母に対する信心を大切に
   します。十字架のもとに立っていた(ヨハネ19・25参照)
   聖母マリアのみ心に倣い、愛と謙遜をもって神と人々に
   奉仕します。
(3)日本の殉教者の精神
   私たちは、地に落ちて多くの実を結んだ一粒の麦
  (ヨハネ12・24参照)である殉教者に倣い、信仰の証し人
   となるように努めます。

 私たちは、創立者が使命とした人々の魂の救いのために福音宣教に遣わされます。「出かけて行って実を結び、その実が残るように」(ヨハネ15・16)惜しみなく自分を捧げ、聖母マリアに倣って、神の愛に根ざした教育と社会福祉の活動を通して使命を果たします。
<<宗教法人純心聖母会>> 〒852-8142 長崎県長崎市三ツ山町415 TEL:095-848-2241 FAX:095-843-7570